妊活中に私がやった効果テキメンの○○法!!


私は30歳で結婚しましたが4年間子供の恵まれませんでした。35歳になると妊娠する確率がかなり下がると聞き、少々焦っていた私は知り合いに整骨院が良かったと聞き、行ってみることにしました。

その整骨院はアスリートが通うようなトレーニングを中心とした整骨院とトレーニングスタジオのような所で、妊娠したい私にはつり合わない場所のように感じられましたが、とにかく説明を聞き、身体を整えると良いことがいっぱいだというのでやってみることにしました。

その頃妊娠したいと思いやってみたことはいくつかありましたが、その中で一番効いたのはこの整骨院に通って骨盤の向きを正しい向きに調節して、妊娠しやすくするというものでした。

それはただ整骨院に行き、先生に施術してもらうといったものではなく、自分で身体を変えていくトレーニングのようなものでした。

まず、呼吸法を学び、その後ストレッチポールというものを使い体幹を鍛えるというものでした。

そして身体の芯がしっかりしてきて、肩こり、冷えなどの症状が緩和されてきた頃に妊娠がわかりました。

その期間は6ヶ月です。

6ヶ月の間に、一週間に1回トレーニングをしに行き、呼吸法は毎日やりました。

その呼吸法を簡単に説明すると、

ゆっくり軽く息を吸い、10秒かけて少しずつ息を吐く。その時下腹を背中につけるような感じて吐きます。それを5回。

次にまた軽く息を吸い同じように息を吐くのですが、今度はおへそを背中につけるような感じで吐きます。それを5回。

その次はまた同じように息を吸い、胸のすぐ下あたりを背中につけるような感じで吐きます。またそれを5回。

最後にお腹にいっぱい空気を入れてその空気をできるだけ長く細く出し切ってお腹をぺちゃんこにする。これを5回。

簡単にいうとドローイングで体幹を鍛えるのです。

これをすると腹筋がつき、間違った方向に傾いていた骨盤が正しい傾きになり、代謝もあがり、体温も上昇するので妊娠しやすい身体になるというものでした。

やりはじめて2週間で少しずつ変化がみられ、お腹もへこんできて、妊娠のことよりもダイエットができている事がとても嬉しかったのを覚えています。

そして、身体を動かすことで気分転換にもなり、思いつめていたようなところがあったのですが楽観的に物事を考えられるようになりとても自分のためになりました。

身体を温めるために、コーヒーより紅茶を飲んだり、ハーブティーを飲み始めたのもこの頃でしたが、一番はこの呼吸法が妊娠につながったのだと思います。

当時買ったストレッチポールは出産後のダイエットにも大変役にたちました。

子供をずっと抱いていると肩甲骨が凝り固まって猫背になってしまうのですが、ストレッチポールはこの猫背を解消してくれますし、仰向けにポールの上に寝転がってバランスをとるだけで、身体全体が鍛えられます。

産後は自分のために時間も使えませんし、体力が落ちて激しい運動などできません。私のように妊娠中つわりが酷くて殆ど運動ができなかった人は筋肉も落ちていると思うのでストレッチポールと呼吸法でのドローイングが無理なくできる事だと思います。

高年齢出産の方や体力に自身のない方には本当におすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です