妊活グッズを身に着けて赤ちゃんと幸福を招きましょう


早く自分の赤ちゃんを自分の腕の中に抱きしめたい、子どもがいる幸せをかみしめたい、そんな願いを叶えるために妊活グッズがあります。

妊活グッズは普段持ち歩けるもの、部屋の中に置けるものなど様々な商品があります。

日本国内に古くから伝わるものから、海外でよく知られているものまでたくさんあるのでお土産に頂いたりする場合もあるでしょう。

自分のお腹に元気な赤ちゃんが宿るようお願いする、その役割を担うのが妊活グッズともいえます。

妊活グッズを持つメリットとは

妊娠を待ち望んでいる人全てがすぐにそうなるとは限りません。中には「赤ちゃんはまだ?」の声にプレッシャーを感じたり、不妊治療の成果がなかなか出ずに悩んでいる夫婦も少なくないでしょう。

そんな時に妊活グッズは励ましの素となり、ある時は心癒す存在としてストレス解消に役立ちます。妊活グッズによって心が落ち着いて無事に妊娠にもつながる可能性もあるかもしれません。

日本人の手を合わせて拝む心や、赤ちゃんを運んで来て欲しい希望を叶えてくれるお守りのような存在の1つとして妊活グッズは使われます。

こんな妊活グッズがあります

お守りや子だくさんの象徴になる植物など、妊活グッズはいろいろあります。

飛騨高山に伝わるさるぼぼは、もともとは布の端切れで作った人形でした。天然痘が流行った頃、赤い色は病除けになると言われてから赤い布で作られており、赤い顔が猿に似ているのと、ぼぼというのがその地方で赤ちゃんをあらわす方言だったことからさるぼぼと呼ばれるようになりました。猿は安産なので、子宝に恵まれる、安産祈願にも使われています。

小さなものは普段使いの妊活グッズとしてカバンに着けたり、風水で現状からの旅立ちをあらわすオレンジ色の大きなものは、寝室に置くとよいとされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です